住宅のインテリア

家のこだわり

ロートアイアンの今後

最近の人たちはそれぞれにこだわりをもっているようになっていると思う。それはファッションをはじめとして小物、持ち物、住まい(インテリア、エクステリア)を通したライフスタイルにいたるまでオリジナリティーをあらわしているのではないだろうか。そのことについて住まいを例にみてみることにしよう。それぞれに好みがあると思う和風がいい、アジアテイストにしたい、ヨーロッパスタイル、アメリカンスタイルなどであるその中でも和風なら古民家みたいに、ヨーロッパなら中世のようにといろいろあるタイプの中でもまだ分けられる感じである。その中でも中世ヨーロッパスタイルを求める人たちに人気があるものがロートアイアンのものではないだろうか。ロートアイアンの魅力に見せられた人たちのこだわりはこれからも続くだろう。

注意すべきこと

ロートアイアンの基本は手作業でつくられたものである。設計図は同じかもしれないが同じものは二つとつくれないものである。その職人の技術によっても違いが出る事であろう。しかし工業化の流れの中で既製品のものが多くを占めるらしいのである。したがって、手作業でつくられたもの、オーダーメイドのロートアイアンを求めることはそれなりにハードルが高くなるかもしれないということである。そしてその技術のすべてを持って作り上げられた作品は高額になるのである。それでもロートアイアンに触れたいという人は小さなアイテムから始めることがいいだろう。ドアノブ、フックなど比較的手に入れやすい価格になっているようだ。そして鉄製でとがっているものも多くあるので取扱いには注意が必要である。